審美歯科|渋谷区広尾の歯と患者様に優しい歯科治療「たかだ歯科クリニック」

  • TEL 	03-3442-4618
  • お問い合わせ
受付時間
月~金 9:30~18:30 / 土 9:30~17:00
休診日
日、祝日

審美歯科

自然な美しい歯で素敵な笑顔を手に入れませんか?

  • 歯の色や形が気になる
  • 詰め物の金属色が目立つ
  • 昔の詰め物やかぶせ物が合っていない
  • 歯肉が黒ずんでいる
  • ちょっと歯並びが気になる

審美歯科とは

歯科医療の目的は、口腔疾患を予防し必要に応じて治療を行うことで、お口の中のみでなく全身的な健康を保持することにあります。お口の機能を改善することで「食べる」ことにおいてよく咬めるようになり楽しく食事をすることができます。また「話す」というコミュニケーションにおいても口元は重要な役割を担っています。機能の回復と審美的満足は心身の健康に大きく関わる重要な要素と考えられ、「歯科審美」はまさに皆さんのQOL(Quality of Life)に大きく貢献しています。
日本歯科審美学会では、歯科審美学とは『顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する学問体系』であると定義しています。当院では、長年に亘り学んできた歯科審美学の基礎と臨床を通して、歯科医療の現場から皆さまに質の高い「審美歯科」を提供する努力をしてまいります。
お悩みやお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。
※当院の院長は日本歯科審美学会の認定医です。

審美歯科の基本は「形態、色調、機能」の調和

審美歯科の一般的なイメージは、見た目の美しさを追求する分野だと思われるかもしれません。しかし審美歯科の目指すところは「形態、色調、機能」の調和です。つまり審美歯科は歯科診療全般と密接に繋がっています。当院では、「MI・接着・メタルフリー」を基本コンセプトとして、まずはしっかりした歯周治療を行い、必要に応じてむし歯や根管治療で基礎を改善してから最終補綴を行うことを心がけています。
審美歯科治療で何より大切なのは、患者さんの生活の質を向上させることです。患者さんの求めるゴールをしっかりとお聞きしたうえで、一口腔トータルでの治療計画を提案いたします。

審美歯科治療の治療例

臼歯部のメタルフリー修復

奥歯の金属が気になるため来院された患者さんです。金属自体はむし歯にはなっていませんでした。
金属を除去して、特殊な詰め物であるハイブリッドレジンで充填しました。
最小限の処置で自然な形態を再現できました。

施術前
施術後

根管治療後の直接レジン充填

根管治療後、通常であれば金属冠(クラウン)で被せる治療が一般的です。
接着性ハイブリッドレジンを用いて、過剰に歯を削ることなく、自然な形に歯を再構築しました。となりの銀歯(インレー)も同様に接着性コンポジットレジンで再修復を行いました。

施術前
施術後

セラミックスによる前歯部審美補綴治療

前歯の色調と形態を改善したいとの希望で来院されました。
歯の表面を一層削り、セラミックスなどで形と色を回復する治療と、オールセラミックスクラウンで自然な前歯を再修復しました。
この修復方法で軽度の歯列不正を治すことも可能です。

施術前
施術後

メタルフリー治療(金属を使わない歯科治療)

当院ではメタルフリー(金属を使用しない)での修復治療を積極的に行っています。
従来、むし虫歯の治療や差し歯・被せ物などについては金属性材料を使うことが一般的でした。
当院では基本的にむし歯治療では出来るだけ金属を使用せず、コンポジットレジンを使用して修復治療を行います。
また被せ物の土台にもグラスファイバー併用のハイブリッドレジンコアにすることでメタルフリーを実現しています。

メタルフリー治療のメリット

  • 金属アレルギーが無い
  • 金属の腐食が無い
  • 透明感のある自然な仕上がり

使用する修復材料

ハイブリッドレジン・コンポジットレジン

合成樹脂(レジン)の中にセラミックの微粒子を混合した複合材料で、比較的小さなむし歯が適応症です。歯質接着性材料処理材を用いて歯面処理してコンポジットレジンを充填します。直接充填法であれば1回の治療で完了します。
長期的には摩耗や劣化、僅かではあるが変色の可能性があります。

セラミックス

歯の詰め物や被せ物として使用される透明感のある材料です。滑沢な表面性状が長期的に持続し変色もなく安定した状態を持続します。プラークコントロールもしやすいため歯肉にも優しい材料です。材料、製作法によりメタルセラミックス、キャスタブルセラミックス、ジルコニアセラミックスなどの種類があります。

ジルコニアセラミックス

人工ダイヤモンドと呼ばれ、強度が高く軽く美しいセラミックスです。強度が必要な後方臼歯の被せ物に適しています。やや透明感に劣ると言われていましたが、近年では透明感を持つ素材も登場し色のバリエーションも増えています。

ファイバーポストレジンコア

失活歯(神経の消毒治療を行った歯)に被せ物をする際、土台を補強するために「コア」を装着します。コアの材料には金属やコンポジットレジンが用いられてきました。

従来から強度が高い金属製のメタルコアを用いることが一般的でしたが、残存歯との硬さの違いから、強度の弱い歯根が割れるトラブルが少なくありません。割れてしまった歯根は抜歯せざるを得ません。
また金属色を有するため被せ物の色調や透明感を得ることが難しく、長期経過後に歯肉マージン部の黒ずみも審美不良を生じる原因となります。

ファイバーコアはグラスファイバーとコア用コンポジットレジンで作られ、歯根(象牙質)に近い弾性(たわみ)を持っているため、歯根破折を生じにくいと言われています。
ファイバーコアを用いることで被せ物にオールセラミックス等を用いた透明感のあるクラウンで修復することが可能になります。

ページの先頭へ