東京都渋谷区広尾5-16-3 小安ビル3階

  • TEL 	03-3442-4618
  • お問い合わせ
受付時間
月~金 9:30~18:30 / 土 9:30~17:00
休診日
日、祝日

院長コラム

むし歯予防デー

今日は
『むし歯予防デー』
ですね。

お口の中で気になるところはありませんか?
歯肉の状態はどうでしょうか?
歯石のクリーニングはいつされましたか? 

お口の状態を健全に保ち
被せ物、詰め物を長持ちさせるために
定期的な歯科検診をお勧めします。
お気軽にかかりつけの歯科医院でチェックしてもらいましょう!

といろで・・・
『酸蝕歯』
最近TV番組でもときどき耳にしますね。

飲食物の酸によって歯が溶ける症状です。
歯がツルツルしたり、白濁してきたり、
前歯の切縁が透明になってきたり
歯が薄くなってきたり、欠けやすくなったり
歯が凍みるようになってきたり・・・
症状は様々ですが
基本的に生活習慣病と考えられますので
日常の生活習慣(嗜好品の摂取の仕方など)についても
専門的なアドバイスが必要です。

食生活を楽しみながらも
歯を大切に、長く使っていきましょう!

典型的な『酸蝕歯』の状態です。

歯冠を覆うエナメル質が溶けて(すり減って)
象牙質(黄色の部分)が露出しています。
歯の一部も欠けています。

ご本人はワインがお好きとのこと・・・
ワインのpHは4.0あたり。
pH5.5(臨界pH値)以下になると歯が溶ける酸性度になります。
口腔内の清掃状態は比較的良好な方に多いようです。
お酢やスポーツ飲料、炭酸飲料(pH2.0!)の摂取には
特に注意が必要です!


ページの先頭へ