• TEL 	03-3442-4618
  • お問い合わせ
受付時間
月~金 9:30~18:30 / 土 9:30~17:00
休診日
日、祝日

院長コラム

歯が折れた!

唐突ですが
治療方法についてお話したいと思います。
院長が実際に対応した患者さんのケースです。

歯が折れた場合の治療法ですが
その折れ方の程度と
治療による歯のダメージを考えなければなりません。

かなり以前に転倒して歯を折ってしまいました。
歯のかけらを接着剤で張り付けていたようですが
今回はダツリして無くしてしまいましたので
作り直すしかありません。

治し方は2通り
1.接着性レジンを用いてダイレクト修復する方法
2.歯型を採って詰め物か被せ物をつくる方法

ここは院長の十八番である接着性修復方法を選択し
患者さんに説明し了解を得ました。

それぞれの方法の特徴や長短所はまたの機会に・・・

というわけで
お口の中で接着性材料を盛り上げていきます。

ぺたぺたぺた・・・
いろいろと注意しなければならないことがありますが
企業秘密ということで(笑)

こんな感じで修復が終了しました。

切縁部の透明感やボディー色、歯頚部の色などを考慮して
色や流れ、透明感の違う数種類のコンポジットレジンを駆使して完成した治療結果に
患者さんもご満足いただけました。

また今後
いろいろな治療ケースもご紹介できればと思います。
 


ページの先頭へ