• TEL 	03-3442-4618
  • お問い合わせ
受付時間
月~金 9:30~18:30 / 土 9:30~17:00
休診日
日、祝日

院長コラム

歯の黄ばみ

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ!
健康的な白い歯はさわやかな印象を与えます。

毎日きちんと歯ブラシをしていても
鏡で見ると、歯の色がくすんでいたり、
黄ばんでいるように感じることはありませんか?

そのような歯の着色(変色)の原因は大別して2種類あります。
ひとつは、飲食物によって歯の表面に
ステインとよばれる着色性の汚れが付着して起こるケース

もうひとつは、歯の内部が変色して
その色が表面に透けて見えているケース、です。

前者の場合は
緑茶・ウーロン茶、コーヒー、赤ワイン、カレーなどの
色の濃い飲食物に含まれる色素やタバコのヤニ(タール)
ステインの主な原因です。

このステインを取り除くには
こまめな歯磨きが欠かせません。
外出先で歯磨きができなくても
食後にお水で口をすすぐだけでも効果があります。
また、食用の重曹を少量、ぬらした歯ブラシにつけて
歯を磨くのも効果的です。
重曹には、歯垢の除去や歯茎を引き締める効果もあります。

後者の場合は
抗生物質の影響(副作用)などによる先天的なものや
歯の神経を抜いてしばらくしてから発現する後天的なものがあります。
どちらのケースでも、歯科的な治療が必要な場合があります。
変色した歯でも、クラウンで被せないで治療できる場合もありますので
お近くの歯医者さんで相談してみてください。


ページの先頭へ