• TEL 	03-3442-4618
  • お問い合わせ
受付時間
月~金 9:30~18:30 / 土 9:30~17:00
休診日
日、祝日

院長コラム

入れ歯、寝ている時は?

日経新聞(7/3付)の『健康生活』のコラムから

「寝るときは入れ歯を外した方が良いのですか?」 
との質問に答えています。

結論としては、外した方が良いでしょう。
その理由はふたつ・・・
口の中での細菌増殖の予防と
入れ歯を乗せている歯肉粘膜を休ませてあげるためです。

歯や歯肉にプラーク(細菌の固まり)が付着するのと同様に
入れ歯にもプラークが付着します。
放っておけば歯石のように硬くこびりついてしまいます。
入れ歯を細菌の温床にしないためにも
外してブラシをかけ、毎日のお手入れが大切です。

また、入れ歯を装着している間は
歯肉粘膜の上に乗っていますから
歯肉は常に入れ歯の圧力を受けています。
歯茎は長時間圧迫を受けていると弱くなってくるので
粘膜を休ませてあげる時間も必要なのです。

入れ歯は、お口の中の状態に合うように作られた精密なものですから
ちょっとした変形や歯肉の形態変化(痩せてくる)で合わなくなったり
痛みを引き起こしたりします。

入れ歯はお休み前に外して
義歯用の歯ブラシでお掃除し
時には洗浄剤で汚れを取ってあげましょう。


ところで、今はこんな入れ歯も作れます。
こちらの患者さんは上の写真の様に
右側と左側で違う種類の部分入れ歯を装着しています。

金具(クラスプ)があるのが保険の義歯
金具が無いのは、フレキシブル義歯です。
樹脂自体に弾力性があるため、金具を使わず目立ちにくい入れ歯が作れます。
特に前歯などには最適応ですね!


ページの先頭へ